中小企業診断士 通信講座・独学・スクールを比較して資格一発合格

人気の高い国家資格・中小企業診断士

中小企業診断士 資格 女性

中小企業診断士はその名のとおり経営の診断や助言を行えるプロフェッショナル。企業のコンサルタントや金融機関・行政とのパイプ役を担います。自分自身のスキルアップにも活用でき、

 

  • 企業の経営資源を多角的に見る視野
  • 問題解決までの道筋を整理して伝える力
  • 様々な分野との交流・人脈の拡大

 

などメリットは多いでしょう。難易度は高いとされますが、学ぶ価値は充分にあります。

 

その人気は高く、日経キャリアマガジン『資格・スキルランキング2016』の、第5回取得したい資格ランキングで堂々の第1位に輝いています。

中小企業診断士の勉強法は?
独学・通信・スクールを比較してみた

中小企業診断士 独学 通信 通学

中小企業診断士はかなりの難関資格と言われるだけに、勉強するにも根気が必要になります。およそ1年程度は勉強期間が必要と言われていますが、どの勉強法が効率的でしょうか?

 

独学・通信講座・通学スクールそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみましょう。

 

中小企業診断士の勉強法
@独学

中小企業診断士 独学 通信

独学の一番のメリットは費用面。必要なテキストや問題集を買うだけなのでかなり安価に抑えられます。『とりあえず始めてみる』には最も適した方法でしょう。勉強時間も自由です。

 

しかし全く知識がない状態で教材を選ぶことになるので、自分に合ったテキストと出会えるかは運次第。また一度躓いてしまうと誰にも聞くことができないので先に進めず、知識が偏ったり勉強をあきらめてしまう事もあります。

 

独学のメリット・デメリットまとめ

メリット

・費用が安く済む
・勉強時間が自由
・自宅でできる

デメリット

・テキストの相性は運次第
・解らない部分を聞けない
・モチベーション維持が困難

向いている人

ある程度勉強経験がある方や、根気強い方にはお勧めできます。

 

中小企業診断士の勉強法
A通信講座

中小企業診断士 通信 勉強

通信講座のメリットは自由度とカリキュラムのバランスの良さ。中小企業診断士を目指す方は社会人が多いですが、スクールだと通えなくなりがち。その点、通信は自分のペースで勉強ができるので挫折しにくいでしょう。教材は要点をまとめた試験対策なので、ポイントを絞って学べて効率的。

 

デメリットは独学と比較すると費用が高くなること(スクールよりは安価)、また自分に合ったものを選ばないと独学と同じになってしまうこと。カリキュラムのチェックが必要です。

 

通信講座のメリット・デメリットまとめ

メリット

・カリキュラムが組まれている
・自宅ででき、時間も自由
・独学より挫折しにくい

デメリット

・独学より費用が高い
・講座選びで左右される

向いている人

働きながら勉強している社会人、高額な費用をかけたくない人におすすめです。

 

中小企業診断士の勉強法
Bスクール通学

中小企業診断士 通学講座 通信

スクールは直接講師に聞けるので、不明点をスピーディーに解決できます。目だけでなく耳から講義を受ければ理解度も高まるでしょう。試験前には直前対策講座も開かれます。また同じ志を持った人と学べるのでモチベーションが高まります。

 

デメリットは通学〜受講での拘束時間ができること、そして何より費用が高額なこと。合格を第一に考える人にとっては最良の方法ですが、時間や費用とのバランスを見て考える必要があるでしょう。

 

スクールのメリット・デメリットまとめ

メリット

・最も理解しやすい
・解らない部分が聞ける
・モチベーション維持しやすい

デメリット

・費用が最も高額となる
・拘束時間が生じる
・残業があると通いにくい

向いている人

仕事が定時で終われる人、費用よりも合格最優先の人にはおすすめできます。

 

中小企業診断士の資格講座の探し方

中小企業診断士 通信講座 探し方

一発合格を目指すなら独学での勉強はおすすめできません。中小企業診断士は試験範囲が膨大なため忙しい人ほどポイントを絞らないとカバーしきれないからです。また理解できない部分の潰し込みにも苦労するでしょう。

 

勉強法に迷う人は通信講座やスクールへの通学がおすすめです。テキスト+過去問の傾向や試験対策講義など、合格することを目的としたカリキュラムが組まれています。

 

とはいえ講座は一つではありません。様々な学校・会社が講座を開いており、

 

  • カリキュラム内容
  • 受講期間
  • 講座の費用

 

は全て違います。自分に合わない講座を選ぶと独学と同じになってしまうので慎重に選ばなければいけません。これらを一つ一つ見比べるのは大変な労力が必要です。

 

自分に合った講座を選ぶには

 

カリキュラム内容や費用を見ずにいきなり講座に申し込むと失敗する可能性が高まります。まずは講座の資料を集め、見比べてみるのがポイント!

 

一つ一つ見比べる時間がない人は一括資料請求サイトを利用すると便利です。

 

おすすめの資料請求サイト

中小企業診断士 通信講座・通学 ブラッシュアップ学び

 

画像のBrush UP学びは全国の社会人スクールや学校が開校している通信講座・通学講座の資料請求をすることができます。

 

資料請求は無料
個別でなく一括請求
会員登録不要

 

など煩わしさもなく、手軽さが魅力です。CMやチラシの情報だけではわからない部分も資料請求することで詳細に確認できるでしょう。

 

▼中小企業診断士の通信講座▼

中小企業診断士 通信 ボタン1

 

中小企業診断士試験の関連記事

中小企業診断士の合格率・難易度は?試験の合格ラインを超えるコツ

中小企業診断士 難易度 合格率

難易度が高いと言われる中小企業診断士、資格試験の合格率はどれくらい?試験突破と合格率を上げるためのコツを解説!

≫詳細ページ

中小企業診断士の勉強時間は?過去問・テキストの選び方は?

中小企業診断士 勉強時間

出題範囲が広い中小企業診断士。どうやって勉強するのが効率的?1日何時間勉強するべき?過去問はどれくらいやればいい?

≫詳細ページ

中小企業診断士の試験日程や受験方法は?合格発表の時期はいつ?

中小企業診断士 試験日程

中小企業診断士の資格試験日程はいつ?どこから申し込んで、どこでお金を支払い、どこで受験するかを調べました。

≫詳細ページ

中小企業診断士に受験資格や年齢制限はある?未経験・初心者OK?

中小企業診断士 受験資格

中小企業診断士に学歴や年齢・国籍といった受験資格が存在するのか調べてみました!未経験の初心者でも受験できる?

≫詳細ページ

 

中小企業診断士の通信講座の選び方

中小企業診断士 通信講座

中小企業診断士は通信講座の中でも価格が高めと言われています。その理由としては

 

  • 試験範囲が広い
  • 学ぶ内容が高度
  • 長期間のカリキュラムが必要

 

ということが挙げられます。そうなるとできればトータルの値段が安くなるところを選びたいという気持ちが生まれてくる方もいるでしょう。

 

しかし安い講座が得かというとそうではありません。その分演習や添削が省かれていたり、教材の充実度が不足していることもあります。十分なカリキュラムでないと効率的に勉強ができず一発合格は難しくなります。

 

そうなれば翌年も受験、そのために費用と時間を費やして勉強を繰り返す…という事もあるのです。費用や手軽さも大切ですが、まずは

 

合格できそうか?

 

続けられそうか?

 

 

を基準に通信講座を選ぶと良いでしょう。

 

ポイントは『添削・電話・メール問い合わせ』

中小企業診断士 添削 電話 メール

中小企業診断士の内容は高度なものが多く、テキストを見ただけでは理解できないことも多いです。独学ではなくあえて通信講座を選んだのに、つまづいてそのままになったら元も子もありません。

 

そこで講座選びの基準になるのが疑問を解決する方法が用意されているかという事です。

 

定期的な添削指導
コールセンターが常設
メールやチャットで問い合わせ可能

 

といったアフターフォローが付いている講座がおすすめです。これらのサポートがあればスクール通学と同等の環境を整えることができ、なおかつ自分の好きな時間に学べるので効率的に勉強できるでしょう。

 

通信講座は必ず複数を『比較』する

中小企業診断士 通信講座 比較

中小企業診断士の資格は学ぶべきことが多いですから、一度通信講座に申し込めば合格まで長い付き合いになります。その間、快適に勉強を続けられるかは始めに考えておかなければなりません。

 

ポイント@講師との相性

各スクールでは動画や音声講義のサンプル授業を公開していることがあるので、そういったものを体験してみてから決めるのも良いでしょう。

ポイントAカリキュラム

無理なくこなせるも比較したいポイント。一つのスクールだけを見ていると気が付かないこともありますので、資料請求などで情報を集め比較してみることが重要です。

ポイントB体験者の口コミ

一部のサイトでは通信講座やスクールの口コミ・評判を見ることができるようです。すべてを鵜呑みにするのは危険ですが、講座内容や進め方の雰囲気を掴むヒントになるでしょう。

 

中小企業診断士通信講座の関連記事

TACの中小企業診断士通信講座|カリキュラムや費用、口コミは?

サンプルサイト

資格取得に強いTACで行われている中小企業診断士の通信講座についてまとめました。かかる費用やカリキュラム期間、学んだ人の口コミは?

≫詳細ページ

レボの中小企業診断士ゼミナール|カリキュラムや費用、口コミは?


充実したカリキュラムと安さが自慢のレボで行われている中小企業診断士ゼミナールについてまとめました。かかる費用や期間、学んだ人の口コミは?

≫詳細ページ

レックの中小企業診断士通信講座|カリキュラムや費用、口コミは?

サンプルサイト

無理なく学べる資格のレックで行われている中小企業診断士の通信講座についてまとめました。かかる費用やカリキュラム期間、学んだ人の口コミは?

≫詳細ページ

クレアールの中小企業診断士通信講座|費用や勉強期間、口コミは?

サンプルサイト

便利なWEB講義が魅力のクレアールで行われている中小企業診断士の通信講座についてまとめました。かかる費用や期間、学んだ人の口コミは?

≫詳細ページ

 

中小企業診断士の通信講座、口コミは?

空いた時間に少しずつ

 

中小企業診断士の通信講座を受講しました。ネットの評判や資料を参考に良さそうなところを選びました。活用法としては、空いた時間に少しずつ学習をする方法をとりました。

 

自分のタイミングで勉強できるのが通信講座の強みです。逆にデメリットは自由なだけに強制力がないこと…やる気が出ないで溜めてしまうと、追いつくのに時間がかかりました。間違いなく独学よりは効率良いので、モチベーション維持がカギだと思います。


年齢

費用

満足度

38歳

約19万円

評価4

 

計画を立てた勉強を

 

中小企業診断士の勉強を通信講座に決めたのは、ネットに通信講座での詳しい勉強方法が載っていたからです。口コミも参考にしました。試験に向けて最初はまず基礎知識を暗記することから始め、その後練習問題を繰り返し解くことに集中して、知識を定着させました。

 

通信講座のカリキュラムを進めるだけでも思ったより大変で、一人での学習は時に挫折しそうになったのがつらかったです。でも半年間で受験に間に合うように計画を立て勉強したおかげで合格することができました。


年齢

費用

満足度

28歳

約24万円

評価4

 

もっと楽をできたかも

 

同僚が通信講座で勉強して合格してたので、自分にもできそうだと思い中小企業診断士の通信講座を受けました…でもモチベーションの維持が大変でした。通学と違い講師にすぐ質問できない点もデメリットだと感じました。

 

しかしなんといっても通信講座は費用が安く抑えられるのと、隙間時間を有効に使えるのでいつでも好きな時に勉強できるのが良かったです。選ぶ前にいろんな講座の情報を集めておくのもポイントじゃないかと思いました。もっと楽できたかもしれません(笑)


年齢

費用

満足度

42歳

約22万円

評価4

 

口述試験のテクニックも学べた

 

私は専門学校の通信講座を1年間使って、中小企業診断士の試験に合格することが出来ました。7科目の試験科目を同時並行的に勉強することはキツかったですが、基礎からしっかりと学ぶことが出来たので、勉強するほど少しずつ楽になっていった印象があります。

 

通信講座の性格上、家にいながら勉強できる点で非常に融通がききましたが、疑問点を誰かにすぐ質問できない点は不便を感じました。それでも、二次試験の口述試験のテクニックなどもしっかりと学ぶことができたので満足です。


年齢

費用

満足度

35歳

約21万円

評価4

 

▼中小企業診断士の通信講座▼

中小企業診断士 通信 ボタン2

 

勉強法別に見る中小企業診断士資格の費用

 

勉強法別にかかる費用を安い順に並べると、以下の順になります。

 

  1. 独学
  2. 通信講座
  3. スクール通学

 

講師が付かない独学が最も安く、教室で専門の講師から学べるスクールが最も高額です。では、それぞれ実際にどれくらいの費用が必要になるのでしょうか?

 

試験勉強の費用
@独学の場合

中小企業診断士 独学 費用

 

およそ4〜6万円。
テキスト1冊あたりの価格は出版社や試験科目ごとに違いがありますが、平均して2500円程度で販売されています。全7科目のテキスト+過去問題を揃えて、学習参考書なども購入すると3〜4万円程度の費用は必要となります。

 

2次試験もテキスト購入が必要となります。しかし二次試験は記述式のため独学での試験対策が難しく、複数のテキストから知識を入れる必要があるでしょう。さらに1〜2万円の費用が掛かると考えておいてください。

 

試験勉強の費用
A通信講座の場合

中小企業診断士 通信講座 費用

 

およそ5〜25万円。
全科目のテキスト、問題集、講義DVD、WEB講義、添削フォローといった内容。約1年〜1年半のじっくり長期カリキュラムで、中小企業診断士を一から学ぶ人でも対応できるよう基礎勉強のテキストが充実しています。

 

過去問やテキストは要点を絞ってあり、買い足さなくて良いというメリットがあります。また通信講座は一次試験・二次試験トータルのプランと、一次試験を合格したら追加料金で二次試験のカリキュラムを受けられるプランがあります。

 

試験勉強の費用
Bスクール通学の場合

中小企業診断士 通学 費用

 

およそ30万円〜。
スクールは約1〜1年半のカリキュラムが組まれており、個別カウンセリングや試験対策が充実しています。平日は夜の開講もあるため、深夜までの残業がなければ通うことは可能でしょう。

 

カリキュラム自体の金額は通信とあまり変わりませんが、スクールの場合は1万円程度の入学金が発生します。また通勤経路にスクールがない場合は学校までの通学費が別途掛かるため、通信よりは高額になることが多いでしょう。

 

各講座の費用の一例

講座名

期間

費用

LEC(通信)

約12ヶ月

220000円

クレアール(通信)

約17ヶ月

250000円

TAC(通信)

約14ヶ月

270000円

レボ診断士ゼミナール(通信)

随時

54800円

TAC(通学)

約14ヶ月

270000円+入学金

KEC(通学)

約16ヶ月

283608円+入学金

 

※レボ診断士ゼミナールは『ブラッシュアップ学び』に掲載はありません。レボの詳細はこちらをご覧ください。

 

資格取得までにかかる費用総額は?

中小企業診断士 資格 費用

ここまでは中小企業診断士の試験勉強に関する費用をまとめてきました。では実際に受験したり、資格者として登録するのにかかる費用はどれくらいでしょうか?

 

一次試験受験料

13000円。全7科目の知識を問う試験であり、二次試験への登竜門です。

 

二次試験受験料

17200円。筆記試験・口述試験で診断士としての能力を問われます。

 

中小企業診断協会への入会費

入会金2〜4万、年会費3〜5万円。資格の維持や更新サポート、仕事の人脈を広げるなどの役割を果たします。

 

実務補習の費用

約15万円。中小企業診断協会が実施しているもので、実務補習を受けることで晴れて中小企業診断士として登録できます。

 

※金額は2017年段階でのデータです。

 

自分に合った講座を選べるかがカギ!

中小企業診断士 通信講座 ブラッシュアップ学び

中小企業診断士はこのように受験〜合格、さらに資格取得後もそれなりの出費がかさみます。それだけに何度も受験を繰り返してテキスト代・受験料を支払い続けるのは避けたいところ。資格取得後のリターンが大きいことを考えれば、狙うは一発合格でしょう!

 

一発合格には自分に合った講座選びが最大のポイントです。一次試験に力を入れているところもあれば、すでにある程度の知識を得ている人向けの講座も存在します。見極めるためには、複数の講座を比較してみましょう。

 

どれを選べばいいかわからない場合は、ブラッシュUP学びで無料で一括して資料請求することができます。

 

特に通信講座は種類がたくさんあるので、自分に合ったカリキュラム・費用のものを探すにはピッタリ。無理なく、効率的に学べる講座を選びましょう。

 

▼講座比較で一発合格!▼

中小企業診断士 通信 イメージ

 

中小企業診断士のキャリアの関連記事

中小企業診断士になるには?実務補修や登録・更新までの流れ

サンプルサイト

めでたく中小企業診断士に合格!でもそれだけですぐ就業はできません。合格したら実務補習を経て、登録手続きを踏まなければいけません。

≫詳細ページ

中小企業診断士の資格は就職・転職・独立開業にメリットある?

サンプルサイト

中小企業診断士ってどんな職場でどんな仕事をする?資格取得後の求人や仕事内容、独立できるかどうかについてまとめました。

≫詳細ページ

中小企業診断士の給料|資格手当はある?独立後の年収はいくら?

サンプルサイト

難関資格だけに高収入のイメージがある中小企業診断士。実際のお給料はどうなんでしょう?給料・年収を調べてみました。

≫詳細ページ

中小企業診断士とのダブルライセンス|社労士・会計士・行政書士!

サンプルサイト

キャリアアップや独立を目指すなら中小企業診断士とのダブルライセンスに挑みましょう!なりたい将来像に合わせたおすすめの資格をご紹介。

≫詳細ページ